インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科

This page:インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科TOP > インプラント 治療 > インプラント 治療の基本

インプラント 治療の基本

インプラント治療、インプラント手術,インプラント埋入,CT

インプラント 治療の基本的な流れを、大まかに解説いたします。

インプラント歯科インプラント)の治療に際しての、大まかな流れは以下のようになります。


1.問診・お口の中の検査・全身の既往歴のチェック・チタンアレルギーなどの審査

2.インプラント埋入の治療計画の立案・歯科インプラント治療を受けられる患者さんとの
  綿密な打ち合わせ

3.インプラント手術を実施可能かどうか決定するためのCT撮影(オプション、現在では
  インプラント等に利用する目的で開発された歯科用レントゲンタイプ・インプラント専用
  CTも発売されています。3Dで骨の状態を確認可)

4.インプラント治療を計画に基づいて施術

5.翌日インプラント埋入周囲の消毒、約1週間後にインプラント周囲に縫い付けた糸を抜く。

6.インプラント埋入手術(インプラント1次手術)後、上あごでは約4~8ヶ月、下あごでは
  2~6ヶ月後にインプラント上部構造取り付け手術・作業開始(インプラント2次手術)

7.インプラント上部構造(歯科インプラントを歯の根っこと考えると、いわゆる「差し歯」
  「被せる冠」の部分)を取り付け、以後ずっとメンテナンス期間となる

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0