インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科

This page:インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科TOP > インプラント 種類 > インプラントの形状タイプ

インプラントの形状タイプ

インプラント,インプラントのタイプ、歯根タイプインプラント

インプラントには大きく分けて3つのタイプの形状のものがあります。

インプラントの形状は現在ではほぼ統一され、(ねじ式の歯根形状タイプ)になっていますが、その応用の初期は、果たしてどのような形状が歯科インプラントに適しているのか、試行錯誤の繰り返しでした。

形状の違いによって、大きく3つに分類されます。

歯根タイプ インプラント
・プレートタイプ インプラント
・粘膜下被服タイプイ ンプラント

ただし、よほどの理由がない限り、(プレートタイプインプラント)(粘膜下被服タイプインプラント)は使われなくなっています。

理由は、「プレートタイプインプラント・粘膜下被服タイプインプラントとも、自然感が乏しく、トラブル時のリカバリーがほとんどできない」からです。

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0