インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科

This page:インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科TOP > インプラント 費用 > インプラント 費用(オプション一覧)

インプラント 費用(オプション一覧)

インプラント,費用,オプション

インプラント手術をお受けになられる場合の、基本手術料以外で追加費用が発生する処置について

インプラント 費用の基本的なことはすでにお伝えしましたが、全てがその範囲内に収まるわけではなく、個人的にインプラント手術をお受けになられる患者さんのお口の中の状況の違い、特に(インプラントを移植するために適した骨があるか、無いか)によって、さらに難しい治療技術のオプションを使わないと、インプラント手術そのものをあきらめざるを得ないという状況も多いのです。というか、7~8割のケースではオプションの手術を必要とします。

そして、インプラント費用関係でこのサイトを見ていらっしゃる方にはまことに申し訳ありませんが、そのインプラント埋入手術前に十分な骨の組織を再生させる造骨手術であるGBR(Guided Bone Regeneration=骨誘導再生療法)処置を代表とする、骨の増量に関する各種の手術は、一般的には通常のインプラントの手術には含まれていません。また、大変言いにくいですが、かなり費用的にはお高い場合が多いです。

なぜかといいますと、

・インプラント埋入手術自体よりもむしろ難しいことが多く、歯科医師自体の訓練が絶対に必要で、そのトレーニングや講習を受ける費用が非常に高額であること、また、再生医療にかかわる分野であるために、使用材料が軒並み高価であるうえ、日本では手に入らないものもたくさんあり、最善を望む患者さんのために歯科医師自ら最高の材料を海外から輸入して手に入れている場合もある。当然その分処置費用に加算される。

・再生療法のため、うまくいかない場合が確実にある程度見込まれるため、再手術に必要な費用を全体の症例数で割ってケースごとに負担していただかないと、材料費だけで赤字になる恐れがあるため。


といったことが関係しています。処置をお受けになる患者さんにとっては頭の痛い問題ですね。高額な費用をインプラント処置に対してまず支払い、その他にオプションの処置にまで…という気持ちになられることは良く理解できます。

しかし…残念ながら仕方がありません、高額な費用がかかる処置、それが歯科インプラントなのです。


では、どのような処置がオプションとして扱われるのか、代表的なものを挙げてみます。


・GBR(Guided Bone Regeneration=骨誘導再生療法)処置

・サイナスリフト(サイナスグラフト・上顎洞底挙上手術)

・ソケットリフト

・歯肉移植術

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0