インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科

This page:インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科TOP > インプラント 歴史 > インプラント 歯科治療への始まり

インプラント 歯科治療への始まり

インプラント,歯科インプラント,チタンインプラント,インプラントの歴史

インプラントは歯科インプラントに応用されるようになったのはつい最近のことではなく、インプラントの歴史は紀元7世紀頃までさかのぼる。

インプラントと骨が結合する」

このことは、実は偶然に見つかったものでした。また、歯科インプラントを応用しようとはじめから狙ったわけではなかったのです。

実は、現代のチタン製インプラントが歯科インプラントの主流になるずっと以前、時代はマヤ文明・インカ文明、・アステカ文明までさかのぼり歯科インプラントは実際に行われていました。

世界最古の歯科インプラントは、紀元7世紀頃のものと推定される、マヤ族・20代の女性の前歯に埋め込まれた二枚貝の貝殻を加工したものだったようです。

それから時は流れ、現代歯科インプラントの始まりはかなり最近の、しかも偶然の産物から発しています。

始まりは1952年、スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士

博士は、歯科インプラントの応用についての実験ではなく、たまたま他の実験の最中に、チタンが骨とアレルギー反応を起こさず、強固に結合することを発見しました。

これを博士は「歯科インプラントに応用はできないものか?」と思い立ち、臨床に持ち込んだのが現代の歯科インプラントの始まりです。

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0