インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科

This page:インプラント情報なら鹿沼の岸野歯科TOP > インプラント 費用 > インプラント 費用 (GBR)

インプラント 費用 (GBR)

インプラント,費用,GBR

インプラント 費用(GBR)の解説

インプラント費用に関しましての主なオプション関連のうち、まず大きな部分はこのGBR(Guided Bone Regeneration=骨誘導再生療法)処置ですね。ここからインプラント 費用に迫ってみたいと思います。

どうしても、インプラントを移植しようとした場合に、この「患者さんのお口の中に、すでにインプラントを支えるために適した分量の(骨)が残っていない」事が障害になってきます。

一般的に、患者さんは、この件に関してはあまりよくご存じないようなので、少し説明させていただきます。


患者さんの、インプラントに対する理解のうち、「インプラントをどこに打っているか」ということをしらべてみると、「顎の骨」に埋め込んで固定しているというイメージはあまり無いようで、逆に多いのが「インプラントは歯肉に固定している」というイメージです。

また、骨などのインプラントを移植するべき場所の周囲の環境が問題であれば、インプラント手術は不可能という、歯科医師にとっては当たり前の事でさえ、患者さんにとってはあまりよくイメージできないことが多いようです。

考えるに、やはり「顎の骨」に穴を開けて、インプラントをねじ込む」というイメージは、患者さんにとってかなりの抵抗のある、怖い処置だということが、このイメージを作る妨げになっていると思われます。

誰だって、「骨に穴を…」といわれればいい気分はしないですよね。

また、当然その理解ができていないわけですから、

「インプラントの埋入手術の前に、骨を増やすための手術が必要です。」

と担当の歯科医師に説明を受けても、「???」ということになりやすいです。また、その分の費用の追加の説明をされると、さらに「???!!!」となります。

ただ、インプラント処置を受けられるのであれば、当然このことに関しては事前に十分理解していただきたいのです。避けては通れませんので。

GBRに関する費用も、インプラント手術をお受けになられる地域によってかなりのばらつきがありますので、大雑把な参考としていただければ幸いです。

GBR処置・・・通常、1歯または1手術単位での追加チャージが多く、材料費は別で1万円(インプラント手術と同時に処理できるような、ついでの処置の場合)~15万円(骨を増やす量が多く、困難な場合)程度。※費用の中には通常、材料費は含まれていません。材料費のみで数万円の追加負担の場合も多い。当然地域によってさらに高額なこともあります。


ただし、これも安ければいいというものでもなく、使用材料によって目だって臨床成績に差がある場合も結構ありますので、担当の歯科医師とよくご相談下さい。

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0